歯科で行えるインプラント治療で歯の穴埋めを|健康にしマウス

白い歯

虫歯の治療

医療器具

虫歯が原因で、人工歯にダメージが出てしまうこともあるため、歯周病と同様に厄介な存在になっているのです。"歯のぐらつきや口臭が歯周病の合図歯周病は歯のぐらつきや痛み、そして口臭といった症状を引き起こします。
インプラントを考えている場合、まずこの症状改善しなくてはいけなくなります。
早期発見が、治療をスムーズにしてくれるので、不快さを感じたらすぐに治療しましょう。インプラントはこのように歯の健康状態によって治療できない場合もあるのです。ですので、常に日頃から歯のメンテナンスは欠かせないのです。
毎日の歯磨きや食生活など、改善できるようにすることが必要になります。

虫歯が進行して治療を行うと、抜歯の必要性が出てくることがあります。この歯を取り戻すための治療を行ったときに保険の範囲内の治療を行えば、失った歯の両隣を削ることになります。その削った部分に金属をかぶせたり、つめたりして、義歯を固定します。
しかし、一見、保険治療の範囲でおさまりよさそうに見えますが、本当はリスクを背負っているのです。義歯を固定するために、削った箇所に、金属や詰め物をしますが、口内にいる細菌は、5ミクロンの隙間があれば容易に侵入することができます。

残念ながら、詰め物や被せ物はどう精密に作っても、5ミクロン以下にすること困難なため、虫歯の再発を防ぐために、定期的にかぶせものなどの境目に予防処置を繰り返し、つなぎめの清掃が常に必要になります。
どんなに予防処置を続けても、健康な歯に比べて、治療のために削られた歯は菌が侵入しやすいというリスクを抱えています。削った歯は虫歯になりやすいというリスクを背負うとともに、失った歯の仕事分も支えとなった歯が受け持つことになるため、残された歯の過重負担が生じます。
そのため、歯周病になりやすくもなります。
このようなことを防ぐには、インプラント治療をおこなうことで、歯を削ることなく、歯周病も含めた、リスク回避をおこなうことができるようになります。ほかにも、抜歯をおこなわない治療の選択肢などもあります。